50代の男性vsイノシシ

長崎市にある、穏やかな海と山に囲まれた街で事件は起きた。

「男性がイノシシと格闘して押さえ込んでいる。」

驚きの通報が警察に寄せられたのは、24日午後4時半ごろのこと。

目撃者:
声がして、パッて見たらもう襲われていた。
俺が上に登ってきて見たときには頭を水に。

イノシシと戦っていたのは市内に住む50代の男性。
警察が現場に駆けつけると、体長およそ1メートル、体重およそ80キロのイノシシはすでに息絶えていた。
一体何が起きたのか?

釣りの最中にイノシシに襲われる

ディレクター:
こちらの堤防の下で釣りをしていた男性。釣りの最中に突然イノシシに襲われました。

三連休の最終日。
岩場で釣りを楽しんでいた男性に怪しい影が接近。

これは当時の様子を写した写真。
画面中央の少し右に海を泳ぐイノシシの姿が。

この直後、海から上がったイノシシは目の前の男性に向かって突進し噛みついた。
しかし…

取っ組み合いの末イノシシを押さえ込む

男性はなんと取っ組み合いの末イノシシを押さえ込み、頭を海につけて窒息死させたという。

目撃者:
頭と体をつかんで足も。
(男性は)ガタイ良かったですね。

イノシシを返り討ちにした男性は、太ももを切るなどの大ケガで入院。取材に対し「命があってよかった」と話している。

(「Live News it!」2月25日放送分より)