時短で安くてうまいインスタント麺のアレンジレシピ

普通のインスタント麺を「時短」「節約」「おいしい」の3拍子そろった絶品アレンジグルメに変身させるスゴ技をご紹介。

近年さまざまな種類が販売されるインスタント麺。日本即席食品工業協会のデータでは生産量は年々増加しており、年間57億食以上となっている。

実は今チキンラーメンをそのままパンに挟んだハンバーガーや、サッポロ一番塩ラーメン味のポテトフライなどメーカー各社が公式に一風変わったアレンジメニューを紹介し、話題になっている。

そんな中、2月16日にはインスタント麺のオリジナル料理コンテストが開催され、1134件のレシピの中から、岡山県の女子高生が考案した「ピリ辛キンパ」が見事優勝した。

ピリ辛キンパを考案した笠井萌々香さん:
ラーメンを砕いてご飯と混ぜて他の具材と一緒にのりで巻いた(韓国風のり巻き)キンパ風にしました。普段食べているカップラーメンとは違う形で食べられたらいいなと思ったのでアレンジしました

街で聞いてみると…

女性A
インスタントラーメンはよくアレンジして食べています。コスパはいいかなと…

女性B
昨日も食べました。(調理時間が)本当に1分もかからないので…

多くの人たちがインスタント麺を独自にアレンジしているもよう。レシピの紹介サイト「クックパッド」でも400種類以上のレシピが掲載されるほど大人気となっている。

ということでめざましテレビでは「時短」で「節約」しかも「おいしい」インスタント麺アレンジレシピを徹底調査してみた。

まずは町の人たちがインスタント麺をどのようにアレンジしているのか「おすすめレシピ」を調査。

取材に応じてくれた若い男性のレシピは明星チャルメラしょうゆラーメンをアレンジ。

男性:
即席麺のお湯をザルで切ってお湯は捨てて、ごま油とすりおろしたニンニクショウガをかけ、付属しているスープの粉末を混ぜて「まぜそば」にします。調理時間は5分かからないくらいで結構手軽です。

最後にチャーシューやメンマなどお好みの具材をのせて盛り付ければ、ニンニクショウガ香る油そばの完成。調理時間は約5分。トッピングの具材を合わせても1食182円(税別)程度。(費用は番組調べ)

別の女性のレシピはチキンラーメンをアレンジ。

女性C:
チキンラーメンを開けて粉々にします。お湯の中に入れてゆで上がったら、ザルに移す。ご飯と一緒に粉々のチキンラーメンを一緒に入れて、紅しょうがとかとかネギとかいろいろ入れてもおいしいなと思います。味が薄いと思ったらスーパーで売っているチューブの香味ペーストとかで炒めると簡単に「そばめし」ができます。

約4分で作れるこのチキンラーメンそばめし。卵や紅生姜を加えることで彩りもキレイになる。ゆでた汁はスープにもなって食材費は204円(税別)。(費用は番組調べ)

続いての女性のレシピは辛さが人気の辛ラーメンを意外な使い方でアレンジ。

女性B:
辛ラーメンをお湯に入れて食べるのでなく、そのまま袋ごと食べやすい大きさに割って、辛いソースだけ入れてから、フリフリポテトみたいに振ります。サラダとかに入れたりすると食感が良くておいしい。辛いのが好きな人にはすごいオススメです。

わずか1分で完成してしまうこの辛ラーメンサラダ。激辛好きにはたまらない美味しさだそうだ。食材費も153円(税別)。(費用は番組調べ)

街の人たちからも続々出てくるインスタント麺アレンジレシピ。

都内に住む國井直子さんも「エスニック炒め麺」とか「納豆麺」など、普段からさまざまなアレンジを楽しんでいるということで、おすすめレシピを教えていただくことに…

國井直子さん:
インスタント麺を使ってモダン焼き風にします

材料はサッポロ一番しょうゆ味、豚バラ肉、万能ネギ、卵、紅しょうが、揚げ玉、ウスターソース、ゴマ油。

さっそく調理開始。まずは袋から取り出した麺をほぐれやすいように割り、約1分間ゆでる。ポイントはゆですぎないこと。少し芯が残るくらいの方が、食感があっておいしいという。

続いてお湯を切った麺に溶き卵と付属の粉末スープを入れしっかりと混ぜ合わせる。

あとはゴマ油をひいたフライパンに豚バラ肉万能ネギを敷き…

その上に麺を広げて載せ、焦げ付かないよう注意しながら両面を焼き上げれば…調理時間約8分で、こんがりと美味しそうなモダン焼き風ラーメンが完成。

仕上げのソースや揚げ玉ショウガなどトッピングも含めた材料費は190円(税別)。(費用は番組調べ)

さっそくいただいてみると…

ココ調スタッフ:
外はサクサクしてて、中がモチっとしています。醤油の味が全体に染みこんでいておいしいです

國井直子さん:
1人のときはラーメンとして食べることが多いんですけど、何人かいる時とかは、みんなでつまめるモダン焼き風にすることが多いです

プロの料理人にインスタント麺をアレンジしてもらった

簡単に時短で作れる手軽さや食材費の安さなどから多くの人たちが実践するインスタント麺のアレンジレシピ。

ではプロの料理人がインスタント麺を本気でアレンジしたらどんなメニューが生まれるのか?

そこでリーズナブルに本格的な料理が楽しめることで有名な「俺のイタリアン」の総料理長にお願いして、オリジナルのアレンジレシピを作っていただくことに。

ココ調スタッフ:
何の料理を作ってくださいますか。

俺のイタリアン総料理長 山浦敏宏さん:
ラーメンを使ってグラタンを作りたいと思います。

インスタント麺をアレンジして作るのはなんとグラタン。

その材料はホワイトソース、ミートソース、ミックスチーズ、モッツァレラチーズ、トマト、トマトソース、サッポロ一番味噌ラーメン。ちなみに今回ラーメンの粉末ソースは使わない。

そして作り方も超簡単。耐熱容器にホワイトソースとミートソースを入れ、その上にミックスチーズとモッツァレラチーズものせる。

そして袋に入った麺を軽く砕いたら…

俺のイタリアン総料理長 山浦敏宏さん:
ゆでずにそのまま乾麺をのせます。ホワイトソースとかトマトの水分を吸って乾麺に味が染み込んでよりおいしくなるわけです。ちょっとコリッとするかもしれないですが、それがまたおいしいです

そしてパリパリの麺の上にスライスしたトマトをのせさらに3種類のソースと2種類のチーズをたっぷりかけたら、200度に熱したオーブンで10分。ちなみに家庭用のトースターでも焼くことができる。

粉末スープを使ったレシピもホームページで公開中

ということで完成したインスタント麺グラタンを、めざましテレビマンスリーエンタメプレゼンターの清原翔さんに試食してもらった。

清原翔さん:
おいしいです。麺が入っていることでちょっと新しい食感があります

永島優美アナウンサー:
ボリュームアップしますne。見た目もすごいんですけどこのインスタント麺って味が絡みやすいんですよね。トマトとチーズとよくマッチしています

藤井弘輝アナウンサー:
そして今回のレシピでは付属の粉末スープを使わなかったんですが、メーカーのホームページには余った粉末スープを使った味付け玉子ピリ辛きゅうり卵焼きなどのレシピも公式で紹介されていますので、もし粉末スープが余ったよという方は、ぜひ調べて試してみてはいかがでしょうか

(「めざましテレビ」2月26日放送分より)