日本初の新サービス。

主役は、AI搭載のロボット。

天井が高く、開放感のあるリビングに、ベッドルームの横にはバーベキューなども楽しめる広々としたバルコニー。

ここは、住宅メーカーの「アキュラホーム」が運営する住宅展示場。

入り口には、新型コロナウイルスの感染予防のため、アルコール消毒やマスクの着用を促しているが、4月から住宅展示場のスタッフと来場客同士の接触を減らすため、日本初のサービスを導入する。

このサービスは、別の展示場にいる営業担当がスマートフォンを使い、ロボットを遠隔操作することで住宅を案内してくれる仕組み。

ロボットにはあらかじめ、住宅の位置情報を学習させているため、狭い道でも障害物にぶつかることなく移動することができる。

また、ロボットに搭載されたモニターの角度も遠隔での調整が可能なため、客が気になった箇所も営業マンも画面越しに確認しながら対応する。

アキュラホーム・宮沢俊哉社長「今、コロナウイルスの問題があったり、3月に入ってから(去年と比べ)3~4割来場者が減っている。このまま行けば売り上げ自体も減ってしまうんじゃないかと危機感があり、本来これを秋に発表するか来年にするかと思っていたが、急きょ今年に入ってから急ピッチで開発を早めてきた。さらに5Gがあったので、この時期がいいんじゃないかと急いだ」

AI搭載のロボットが住宅を案内する日本初の新サービス。

今後の展望については...。

アキュラホーム・宮沢俊哉社長「(営業担当を)1日中常駐させるということは、人件費も高い。(ロボットを使うことで)リモートワークで在宅勤務として対応ができたり、1人の営業担当が5カ所とか10カ所持てるような時代になる」

人件費削減にも一役買う住宅展示場の未来の形。

今後、130カ所ある展示場にもこのロボットの導入を進めていきたい考え。