4月27日、女優・歌手・タレントとマルチに活躍した朝丘雪路さん(82)がアルツハイマー型認知症で亡くなっていたことがわかった。

朝丘さんの明るく天然なキャラクターは、多くの人から愛された。21日の「直撃LIVEグッディ!」のスタジオでは、その“天然で”“愛されるエピソード”を紹介。

エピソード①「笑っていいとも!」で電話番号を暴露!

大村正樹フィールドキャスター:
(「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのコーナーで)朝丘さんが出演の時、次に紹介するお友達は宍戸錠さんだったんです。(番組の)最後の方ではアナウンサーが出てきて電話を取り次いでいましたが、当時はご本人が電話をしていたんですね。朝丘さんはその時になんと、電話番号を生放送で読み上げてしまったんです!

一同:
うわ~!(笑)

三田友梨佳アナウンサー:
生放送ですもんね…

大村:
全国に放送されて、大変な視聴率でしたからね。宍戸錠さんはその後、番号変更を余儀なくされたそうです。(笑)

エピソード②小学校にある乗り物で通っていた!

大村:
(朝丘さんは)アルマーニの制服で話題になった東京・銀座にある泰明小学校のご出身でした。その時の通学の手段がこちら。なんと“人力車”で学校に通っていたそうです。(人力車の運転手は)「うち専門のウメさん」という方がいたそうです。三田さんはこのような経験は?

三田:
ないです、もちろん。(笑)

高橋克実:
えっ、ないの?

トレンディエンジェル斎藤:
止めてあったよ、人力車。

三田:
何言ってるんですか!(笑)

そして一番盛り上がったのは…

エピソード③小魚の目を取って食べる

大村:
こちらは有名な話です。目のあるものは食べられない。特にお魚。お肉も食べなくて、ベジタリアンでした。しかし万一、魚を食べる場合、本当に小さいちりめんじゃこでも、頭をとってもらっていたそうです。

安藤優子:
屈託のない、天真爛漫っていうのはこういう方のためにある言葉ですね。

尾木直樹(教育評論家):
本当そうですね。こんな方、なかなかいないですよね。天然だなと思う人は時々いますけど。

安藤:
朝丘さんの天真爛漫さって、ものすごく人柄の良さからくるものですよね。

大村:
お金にキレイだったと津川さんがおっしゃっていたのがすべてというか、そこが天然のお嬢様というか…。人柄がしのばれますよね。

三田:
朝丘さんが津川さんのお話をされるときって、どんな時でも恋する乙女のようにキラキラした瞳で話されていて。雅彦さんってお名前でいつも呼ばれている姿がとても印象的でした。
 
天然で人の心をほわっと温かくさせる…そんな人柄だった朝丘雪路さん。

朝丘さんの安らかなご永眠をお祈りいたします。


(「直撃LIVE グッディ!」5月21日放送分より)