18歳以下の侍ジャパン「高校日本代表」と「大学日本代表」の壮行試合が、28日に神宮球場で行われた。

試合開始3時間以上前にも関わらず、会場には長蛇の列ができていた。

「少しでも見たい!」女性ファンたちが球場へ

みんなのお目当ては、先日行われていた高校野球で注目を集めた金足農業高校の吉田輝星選手。

この試合では、秋田県予選から甲子園の決勝まで11試合で1517球を投げた疲れを考えてか、先発投手ではないという報道もあった。

それでも、少しでも吉田選手を見たいという女性ファンが球場を訪れた。

この記事の画像(4枚)

試合前に、吉田投手は子どもたちと交流する野球教室「侍ジャパンキッズアカデミー」に参加。

仲良くランチを食べていると、男の子から「好きな食べ物は何ですか?」と問われ、吉田選手は「チョコバナナです」と答えていた。

一方、「嫌いな食べ物は?」と聞かれ「たまごです」と答えると周囲は驚きの声をあげていた。

的あてゲームでは吉田選手が投げたボールが見事に命中するなど、試合には見せない無邪気な笑顔をのぞかせていた。

吉田選手はあの"王子"に似ている?

大学日本代表との壮行試合では、吉田選手は一塁コーチャーを担当。

自由席のファンたちは開場と同時に、なるべく良い席をとりたいとダッシュしたり、チケットは完売で当日券の販売はなかったが、球場に駆け付けたファンもいた。

また、客席には大きな望遠レンズをのぞかせて写真撮影に挑む女性ファンたちの姿もあった。

試合後のファンたちは「かっこよかったです」や「後ろ姿が見れました」と大満足の様子。

一挙手一投足が注目される吉田選手の魅力を静岡から来た女性ファンは、「マウスピースの白い感じの笑顔がカッコよくて好きになりました」と話していた。

試合中に吉田選手が使っている白いマウスピースは、歯を食いしばった時に歯が欠けてしまったことから着用することになったという。

全力で校歌を歌うときも白く目立っていた。

スポーツジャーナリストの田尻賢誉さんは「ものまねで周りを笑わせるのが好き。チームメイトだったり、内輪でしか分からないネタをするのが得意」と明かした。

その吉田選手は今、かつて甲子園をにぎわせた"ハンカチ王子"こと斎藤佑樹投手に似ていると話題になっている。

壁あての練習でできた「へこみ」

子どものころから「野球一筋」だった吉田選手。地元・秋田で小学校3年生から野球を始め、この時から野球のピッチングをしていた。

吉田選手の向かいの家の塀には、壁あての練習でできた"へこみ"がある。

向かいの住人は「輝星が作ったボールの跡なら、記念にサインしてほしい」と壁の"へこみ"の怒ることなく、嬉しそうだった。

また、犬が苦手だという吉田選手は、小学生のころに野良犬が怖くて弟を置いて帰ったことがあるようだ。

その弟・大輝君は現在11歳で、リトルリーグに所属している。大輝君は「自分も甲子園に行って、お兄さんよりすごくなって、甲子園で優勝したい」と意気込んでいる。

28日の大学日本代表との試合は敗れはしたものの、ホームランを含む3点を奪った高校日本代表。

吉田選手、そして高校日本代表の選手たちの今後の活躍に注目が集まる。

(「めざましテレビ」8月29日放送分より)