ミス・ワールド日本代表は伊達政宗の子孫

イギリス・ロンドン発祥、60年以上の歴史を持ち131ヵ国が参加する世界最大規模のミスコンテスト「ミス・ワールド」の日本代表選考会が8月28日東京で開催され、代表に伊達佳内子(21)さんが選ばれた。

この記事の画像(6枚)


実は伊達さん、戦国武将・伊達政宗の子孫なのだ。亘理伊達家(わたりだてけ)の直系の血筋で伊達政宗公から数えて21代目にあたるのだとか。

ーー伊達政宗は何て言ってくれると思う?

伊達佳内子:
よくやったと・・・世界で一旗揚げてこいと言ってくれるかなと思うので精一杯取り組んでまいります。

めざましテレビが直撃インタビュー!

ーーちゃんとしたインタビュー取材は初めて?

伊達佳内子:
初めてです。とても緊張しております

ーーご職業は?

伊達佳内子:
いま慶應義塾大学法学部政治学科の4年生になります

インタビュー取材は初めてだという伊達さん、とても緊張している様子だったが
特技を聞くと・・・

伊達佳内子:
祖母が弓道をやっておりますので、そのたしなみは祖母から習っております

と、古風な受け答え。その一方で、エレガントな一面も・・・

伊達佳内子:
私は今オペラを勉強しておりまして、やはりオペラを歌うのが一番好きです

伊達さんがハマっているのが、大学から本格的に始めたというオペラ。

国際コンクールにも挑戦するんだそう。

選考会のステージでも周囲を魅了していたその歌声に加え、さらに6ヵ国語を勉強するなどまさに才女の伊達さん。

そんな彼女にもこんな悩みが・・・

伊達佳内子さん:
まゆ毛も私は濃くて太くて、父も祖父も太いので政宗公も太かったのかしらと本当に想像しております。

こんな伊達さんの「まゆ毛」の悩みを聞いて、めざましテレビのスタジオでは…

軽部真一キャスター:
そこ(の悩み)は永島家も一緒ですね(笑)

永島優美キャスター:
すみません、並んじゃって(笑)

軽部真一:
伊達政宗から数えて21代目ということなんですね。

永島優美:
歌もきれいでしたね。軽部さんってオペラ通ですけれども。

軽部真一:
見事な歌声ですよね。11月にミス・ワールド本選が行われます。

(「めざましテレビ」8月30日放送分より)