宮城県は、3月26日、七ヶ浜町に住む40代の女性が、新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内で感染が確認されたのは2人目となります。

宮城県 村井 知事

「宮城県において、2例目の新型コロナウイルス感染症患者が確認された」

新型コロナウイルスに感染が確認されたのは、七ヶ浜町に住む40代の会社員の女性です。

県によりますと、この女性は、現在、県内の感染症指定医療機関に入院していますが、重篤な状態ではないということです。

女性は3月21日に咳や熱などの症状が出て、25日「帰国者・接触者外来」を受診。

26日、PCR検査で「陽性」が判明しました。

この女性は発症前の2週間で、海外への渡航歴はなかったものの、25日、感染が確認された知人の東京都内の患者が、この女性の自宅を2月下旬から3月13日にかけて、頻繁に訪問していたということです。

その際、都内の知人は毎回、新幹線を利用していたということですが、県内に到着後の詳しい移動経路は分かっていません。

また女性は、3月22日と24日、町内の店舗に自家用車で買い物に出かけていますが、マスクを着用していたということです。

この女性は1人暮らしで、しばらく前から自宅で持病の療養をしていて、現時点で都内の患者以外の濃厚接触者は確認されていません。

県内で確認された2人目の感染患者…。

村井知事はこの週末、特に関東方面への不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。

宮城県 村井 知事

「東京都知事からこの土日、できるだけ外出を控えるようにという要請がございました。宮城県民も大変申し訳ございませんがこの土曜日、日曜日は急用でなければ東京方面、関東方面に行くのは控えていただきたい」