新型コロナウイルスの感染拡大を受け、河野防衛相は、成田空港での検疫などを支援するため、自衛隊に災害派遣の命令を出した。

成田空港では、中国や韓国、ヨーロッパなどから帰国する日本人を含む入国者全員のPCR検査を行っている。

河野防衛相は帰国者らの検疫と輸送を支援するため、自衛隊に災害派遣の実施を命じ、防衛省が28日早朝、発表した。

自衛隊の医官や看護官らが空港で検体の採取などの支援を行うほか、隊員が自衛隊バスで帰国者らを一時、滞在先のホテルに輸送する。

今回の派遣命令は、都道府県知事などからの要請を待たない「自主派遣」の形で行われた。