宜野湾市の沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落した事故から13日で17年です。大学に通う学生が事故の記憶を継承しようとビデオメッセージを配信しました。

2004年8月13日、アメリカ軍普天間基地を飛び立った大型輸送ヘリコプターが沖縄国際大学の構内に墜落し炎上しました。

ヘリが墜落した場所で毎年開かれる集会は、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で見送られましたが学生たちが大学のホームページでメッセージを配信しました。

沖縄国際大学比嘉夏香さん「私たち沖国大生は、低空を行き交う威圧的な姿と轟音にさらされながら学んでいます」

沖縄国際大学石川舞さん「今、上空を飛ぶヘリが墜落しないという保証はどこにもないのです」

13日取材に応じた学生2人は「アメリカ軍機が飛ばない平和な空を実現するため後輩たちに語り継いでいきたい」と話しました。

住宅地に隣接する普天間基地の危険性を改めて突きつけた事故から17年、玉城知事は会見で「住民は大きな負担を強いられ不安をずっと抱えたままだ」と改めて基地の閉鎖を求めました。