新型コロナウイルスの影響でリーグ戦を再延期することを決めたサッカーJリーグ。

これを受けてアルビレックス新潟のアルベルト監督はこの事態を「乗り越えていく」と話しました。

聖籠町のアルビレッジで練習に励むサッカーJ2アルビレックス新潟の選手たち。

J2リーグでは中断しているリーグ戦を来月29日まで再延期することにしたためアルビは第12節までの11試合が延期となります。

およそ1か月中断期間が延びたことについてアルベルト監督は「正しい判断」としながらも「望んでいなかった」と話します。

【アルビレックス新潟・アルベルト監督】

「1か月の中断期間はトレーニング・オフ・トレーニングマッチのバランスを上手く保ちながら乗り越えていく」

また、中断期間でも選手のモチベーションは高くチームは成長していると強調しました。

リーグ再開は5月2日の大宮アルディージャ戦となる予定です。