逮捕したのは通勤途中の警察署長でした。26日朝、愛知県瀬戸市の路上で、リュックから包丁を取り出した無職の男が銃刀法違反の現行犯で逮捕されました。

 警察によりますと、瀬戸市の路上で26日、午前8時ごろ愛知県警瀬戸署の西脇眞二署長が出勤途中に自転車に乗った男に声を掛けられました。

 男は「警察の方ですか、少しお時間いいですか?包丁を持っているんだわ。今から人を殺しに行く」と話し、リュックから刃渡りおよそ19センチの包丁を取り出したということです。

 その後、西脇署長が包丁をリュックに戻すように指示して取り上げ、男をその場で銃刀法違反の現行犯で逮捕しました。ケガ人はいませんでした。

 逮捕されたのは、瀬戸市の無職・横山竹彦容疑者(85)で、警察は犯行のいきさつを詳しく調べています。