8日、未明東京・港区で「複数の五輪関係者が酒を飲んでいる」などと通報があり警察官が出動していた事がわかりました。

8日、午前3時半ごろ港区・六本木で「複数の五輪関係者らしき人たちが酒を飲んでいる」と110番通報がありました。
警察官が駆けつけると、バーで東京オリンピックに出場したハンガリーなど複数の国の外国人選手や外国人スタッフなど7~8人が飲酒をしていたということです。
選手らは無断外出や集団での飲酒が禁止されているほか、都内には飲食店でのお酒の提供を停止する緊急事態宣言が出されています。