新型コロナウイルスの感染拡大の急加速を受け、26日に政府そして首都圏の知事が一気に動き出した。

東京にも、オーバーシュート(爆発的感染拡大)が迫っているのだろうか。

首都圏が、いよいよ重大な局面に。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐべく、政府がこのあと、大きな判断を下すのか。

加藤厚労相「感染まん延のおそれが高い」

西村経済再生相「政府の対策本部の設置を速やかに進めるよう、(安倍首相から)指示があった」

東京での感染者が急増していることを受け、政府は、まもなく対策本部を設置。

安倍首相が専門家の意見などを聞いたうえで、緊急事態宣言を判断する環境が整う。

一気に現実味を帯びてきた「緊急事態宣言」。

感染が急増している東京を中心に、首都圏で動きがあわただしくなってきている。

小池百合子都知事「感染爆発、重大局面ということで、首都圏全体の話になっている。都民の皆さんにお願いしたいことは、県民の皆さんへのお願いと同様」

26日午後、東京と隣り合う県の知事たちが、相次いで外出自粛の要請を発表した。

東京の南、神奈川県は...。

黒岩祐治神奈川県知事「東京都へどうだということではなく、皆さんに外出自粛要請という形をお願いしたい。今から始まってると考えてほしい。『いつまで』というのは先が見通せない」

そして、北側、埼玉県も...。

大野元裕埼玉県知事「東京都と埼玉県の人の往来を考えると、密接に連携していることは、その通り。“都市部で深刻な状況”の指摘は、専門家からいただいている」

さらに、東に位置する千葉県からも...。

森田健作千葉県知事「今週末、都内への不要不急の外出を自粛していただきたい。行ったり来たりすると。それだけでいろんなことが起きる。“対岸の火事”じゃない隣接している県なので、命に関わること、我慢するところはする。日本だけの問題ではない。世界中の問題」

緊急事態宣言が発出されると、首都圏の生活は、いったいどうなってしまうのか。

食料品や必需品の買いだめと、生活者に募る不安。

初となる緊急事態宣言は、出されるのだろうか。