25日、東京都で、1日に確認された感染者数として全国で最も多い41人が、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

小池知事は、「感染爆発の重大局面だ」として、今週末の外出自粛を要請した。

小池都知事「感染爆発の重大局面ととらえていただきたい」

都内で新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された41人のうち、11人が、台東区にある永寿総合病院の関係者で、この病院では、24日にも看護師と患者の4人の感染が確認されている。

これで都内の感染者は、あわせて212人になった。

1日で確認された感染者数が一気に倍増したことを受け、小池知事は、「オーバーシュート、感染爆発を防ぐ重大局面だ」と述べ、今週末は不要不急の外出を自粛するよう要請したほか、平日についても、できるだけ仕事は自宅で行い、夜間の外出は控えてほしいと呼びかけた。

また、都内のライブハウスなどに対しても、営業自粛の協力を求めたほか、東京都が自粛を要請していた格闘技イベント「K-1」についても、主催者側は当初、開催する意向だったが、協議の結果、無観客試合での実施になったという。

一方、都内の都市封鎖、ロックダウンについては、「有識者などの助言をもらいながら、ある程度は政治的判断も必要になる」と述べるにとどめた。