25日、長崎県内2例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

感染した西彼杵郡長与町に住む男子学生と、濃厚接触者の家族4人に今のところ発熱などの症状は出ていません。

長崎県内では25日、西彼・長与町に住む20代の長崎大学の男子学生が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

長崎県によりますと、学生は長崎市内の感染症指定医療機関に入院していますが、発熱などの症状は出ていません。

濃厚接触者とされる学生と同居している家族4人についても、今のところ症状が出たとの報告はないということです。

また、14日に判明した長崎県内1人目の感染者の壱岐市の30代の男性は現在も入院しているものの、変わらず症状は出ていません。

この男性と濃厚接触した長崎県内に住む4人についても26日まで毎日健康状態を確認することにしていますが、これまでに症状が出ている人はいないということです。

長崎県の医療政策課によりますと、26日午前9時現在、長崎県内ではPCR検査がのべ279件行われ、新たな感染者は確認されていません。