西条市の山あいに広がる棚田で菜の花が見頃を迎えていて、斜面が黄色いじゅうたんで埋め尽くされています。

西条市河之内・天川地区の棚田一面に広がるのは、目にも鮮やかな黄色い菜の花。天川地区では地元の農家6人が棚田を守ろうと花の栽培による保全活動に取り組んでいて、春には菜の花、秋にはコスモスを栽培しています。

24枚の棚田では今月初旬から菜の花が咲き始めていて今が見頃です。

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため恒例の花祭りは中止になりましたが、地元の保存会は「菜の花で暗くなった気分を癒して欲しい」と話しています。

西条市天川地区の菜の花は4月中旬ごろまで楽しめそうだということです。