東京オリンピックです。男子400mリレー予選が行われ、日本は無事、決勝進出を決めました。長野県松本市出身のデーデー・ブルーノ選手は出場しませんでしたが、家族が声援をおくりました。

男子400mリレー予選。メンバーは多田、山縣、桐生、小池。

代表に入った松本市出身、デーデー・ブルーノ選手はメンバーには選ばれませんでした。

ただ、母親の千秋さんなど親族7人が集まり、テレビを観戦しながら声援をおくりました。

日本は得意のバトンリレーで上位につけます。そしてアンカーの小池選手が3位の座を守り切り、無事に決勝進出を決めました。

デーデー選手の母・千秋さん:

「(決勝は息子が走るのを)期待はしたいですよね、楽しみも増えるし。全力でみんな頑張ってもらえたらそれが一番」

母校・松本国際高校でも…。

後輩:

「先輩は出ていないんですけど、日本代表をみんなで応援できてよかった」

同級生:

「ブルーノ君は後半、加速してからが速いので、それが生きるのが4走だと思うので、(決勝で)走ってほしい」

決勝は6日。リレー侍がメダル獲得を目指します。