80歳の女性から現金をだまし取った詐欺容疑で逮捕されていた男を、殺人未遂などで再逮捕した。

女性を殺害しようと放火した男を逮捕

笑みを浮かべながらピースサインをする男。
8月4日、殺人未遂などの疑いで再逮捕された遠山政典容疑者(37)だ。

この記事の画像(11枚)

2021年1月、愛知県稲沢市で住宅を全焼させた火災。遠山容疑者はこの家で一人暮らしをする当時80歳の女性を殺害しようと放火した疑いが持たれている。

被害に遭った女性は、当時就寝中だったが、煙に気付いて自力で避難し、一命を取り留めたという。

被害に遭った女性:
旦那が亡くなって、ちょうど十七回忌の日に…。「命があっただけでも喜ばないかんで」と息子が言うので旦那が助けてくれたと。

火災があった現場。あれから7か月が経ち、事件は急展開を迎えた。

詐欺容疑で6月に逮捕されていた

山本恵汰記者:
遠山容疑者は、置き薬の営業を通じて以前から面識があったということです。

父親が経営する会社で置き薬の営業をしていた遠山容疑者。
被害女性とは、10年以上前から営業先として自宅に何度も訪れるなど付き合いがあったという。

実は遠山容疑者は、女性から合わせて現金約60万円をだまし取った詐欺容疑で2021年6月に逮捕されていたのだ。

さらに火災があった頃、女性は遠山容疑者に金の返済を求めていたという。
遠山容疑者は、調べに対し動機をこう供述している。

遠山容疑者:
「被害者から金をだまし取っていたことの証拠となる借用書などを燃やすと、火事によって被害者が金の返済を迫ってこなくなるため」

遠山容疑者は、一体どういう人物だったのか。

遠山容疑者の中学の同級生:
怒ったところなんて見たことないですし、優しいいいやつ。

中学・高校でバスケ部だったという遠山容疑者。
3年ほど前には、この同級生の元にも遠山容疑者は営業にやってきたという。

遠山容疑者の中学の同級生:
「栄養ドリンクなんかいらんか」と営業に来て、ちょっと必死だったので、(お金に)困っているのかなと思った。

遠山容疑者は、殺意について否認している。

「殺意は持っていませんでした」

更地となった現場、女性はもう事件について思い出したくないと話している。

(「イット!」8月4日放送より)