元勤務先の薬局から大量の抗がん剤を盗んだ疑いで、薬剤師の男が警視庁に逮捕されました。

薬剤師の野本一定容疑者(43)は今年5月、東京・品川区の調剤薬局に侵入し、抗がん剤180錠、170万円相当を盗んだ疑いがもたれています。

警視庁によりますと、野本容疑者はこの薬局の元従業員で、薬を卸業者に勝手に発注し、薬の納品日に薬局に侵入して隙を見て盗んでいたということです。

被害額はおよそ1500万円に上り、野本容疑者は盗んだ薬を売りさばいていたとみられていて、
調べに対し「不動産投資のローンの返済にあてた」と供述しているということです。