プレスリリース配信元:正モバイル株式会社

胃カメラを受ける前というのは、どうしても憂鬱な気分になり「苦しそう」、「怖い」、「嘔吐しないか心配」と思ってしまいます。そこで胃カメラ経験者302人に胃カメラの何が嫌だったかを聞きました。

正モバイル株式会社(本社所在地:東京都中央区、代表取締役:新井正恭)が運営する『正モバイル』(https://masamobile.co.jp/)は、10代~60代の男女302名を対象に胃カメラの何が嫌かについてアンケートを実施しました。


正モバイル株式会社が胃カメラ検査をしたことのある男女302名に胃カメラの嫌だったことを調査しました。

胃カメラの嫌なこととなる代表的な10項目を用意し当てはまるもの全てを選択していただきました。その結果、「嘔吐反射」が、302名中125人ともっとも多くいることが分かりました。


調査概要【正モバイル株式会社がwebでアンケート調査】


調査対象:胃カメラを経験した全国の男女
調査人数:302人(女性200人/男性102人)
調査日:2021年6月27日~7月11日
調査方法:インターネットによる回答




胃カメラの嫌なことランキング【男女302名に代表的な10項目を複数選択可能で調査】






【第1位:嘔吐反射】


●『大抵意識が少しはっきりしていない状態で検査されるが、嘔吐反射はどうしてもなるし、なってるのがわかる。何回やっても慣れない。先生にも、「大丈夫?もう少しやからね。」と言われ、気を遣わせてるように思えて、申し訳なくなる。』(38歳女性)

●『喉に物が入りこむことが条件反射で嘔吐しそうになるからです。耐える前にはじめの段階でそのように感じてしまうと検査の時間がとても長く感じるのと、もうしばらくやりたくなくなるからです。とても深いな気持ちの良くない検査の1つです。』(26歳女性)

●『もともと喉の奥に何かがあたる感覚が苦手で、すぐにえづいてしまうので(歯磨きで奥歯を磨くときにすらえづく)検査時間中ずっと喉の奥に触れられるのは耐えがたく、また一度えづき出すと止まらなくなってしまい苦しいためです』(29歳女性)

●『部分麻酔をしてもらっても、スプレーだと効果が薄いのか、カメラが喉を通る時、涙が出るほど吐きたくなる。カメラが胃に達したあともカメラが動いている間中、吐き気が止まらない。自分の胃の画像を見る余裕など全くない。どうでもいいから早く終われと思ってしまう。』(47歳男性)

●『自身は嘔吐恐怖症ということもあり、普段から気持ち悪い時には吐けばスッキリするのは分かつていても怖くてなかなか吐くことが出来ず苦しい。胃カメラの時の咽頭反射を考えるだけで怖くてなかなか検査を出来ずにいます。』(53歳女性)

●『苦しい痛いこわい。麻酔がつらい。二度とやりたくない。はじめてやった時に、自分で抜いてしまった。十二指腸まで入れられて死にそうになるくらい辛かった。鼻からやったらだいぶ楽だったけど、やっぱり苦しかった。』(47歳女性)

●『基本的の喉が弱いので、胃カメラに限らず喉に何かを通す、触れるだけでも反射してしまいます。多い時には涙まで出ますが、いい歳をして医者や看護師にも疎まれるような態度を取られることがあり、そうしたことが自己嫌悪にもなっています。』(35歳男性)

●『胃カメラがのどを通っていくとき、嘔吐しそうな感じになって苦しい。実際に嘔吐するわけではないけど、口を閉じたり唾液を飲み込んだり、自由に動いたりができない状態で嘔吐反射をがまんしつづけているのは、つらい。胃カメラが胃に到達したあとは、のどの違和感が苦しいのかも。ひとつというよりは、全てが複合したつらさだと思います。』(53歳)

●『カメラを入れるときに、とても苦しい。なかなか入らず、飲み込んでと言われ、飲み込もうと何度もしているのに入っていかない。何度もうえっとなるのが苦しすぎる。飲み込んだ後も、検査中ずっと吐きそうになり、苦しい。』(43歳女性)


【第2位:嘔吐恐怖・吐き気】


●『吐き気を抑えるのがほぼ困難で、また時間が長くかかった。看護師さんはもうすぐ終わります、でしたがなかなか終わらず長く感じた。またチューブの太さにビックリし、やる前の恐怖感も感じた。もう少し細ければ苦しさも減るのかな、と思いました。』(49歳女性)

●『カメラを初めて見た時、こんな太い物を入れるんだ!と恐怖を覚えたのを覚えてます。昔に比べたら細くなった方だと聞きましたが、入れる前から入れた後にどうなるかがわかるようで怖かった。いざ入れると、想像通り…吐き気が凄くて、でも吐けない。終わるまで数分だけど、時間が長くてもう二度としたくない!と思いました。』(37歳女性)

●『鼻から入れる胃カメラしか経験がありませんが、鼻から麻酔を入れる際の気持ち悪さと、入れた後の後味の悪さで気持ち悪くなり、カメラを入れる時以上に吐き気を感じました。むしろ、カメラを入れている最中のほうが落ち着いていた感じがします。』(42歳男性)

●『私は普段から内科で喉をみられる診察だけでも吐きそうになってしまうので、胃カメラでは本当に嘔吐してしまうのではないかという不安が常にあります。胃カメラの事を想像するだけで辛く、とても苦手意識を感じています。』(36歳女性)

●『鼻から入れるにしろ、口から入れるにしろ、胃カメラのチューブがのどを通過していく感じがとても違和感があり、吐き気を感じるとともに、吐き出しそうになってしまうのがかなり気持ち悪くて嫌です。中まで入ってしまえば入れるときほどの気持ち悪さはないのですが。』(37歳男性)

●『嘔吐恐怖症なので、吐き気や嘔吐が怖くて嫌いです。1回嘔吐反射を経験したら、トラウマになると思うからです。飲み込む前から恐怖心が勝ると思う。えづいたという周りの感想などを聞いていたら物凄く怖いと思ってしまったから。』(30歳女性)

●『普段から吐き気が常にあるので、喉の奥に何かを入れるという行為そのものに抵抗があります。胃カメラを使わずに済む方法があればそちらが良いです。健康のためにすることで痛い思いをすることは、出来るだけ避けたいです。』(34歳女性)

●『不思議とカメラを入れる前はそれほど嘔吐の恐怖や吐き気は感じません。その恐怖や吐き気が襲ってくるのはカメラを入れてしばらくしてからです。突然感じることもなく徐々に不安になり、もしかしたら…と考え始めてしまいます。この違和感に毎回襲われる感覚がとても嫌いです。』(41歳男性)

●『歯医者さんなどでは、嘔吐反射はないのですが、元々嘔吐恐怖症みたいな所があり、吐くのが人一倍怖いのでとて苦手です。また、何というかプレッシャーみたいなものを感じてしまい、余計に具合が悪くなる感じがして苦手です。』(30歳女性)

【第3位:苦しい】


●『胃カメラがのどを通る時の気持ち悪さが大嫌いです。つばも飲み込めないし、カメラがはいっていく感じも耐えられません。医者により上手、下手があり去年は大失敗で、死ぬかと思いました。看護師さんが背中をさすって下さったので何とか検査ができました。胃カメラは大嫌いです。』(57歳女性)

●『三回経験しましたが、苦しいの一言に限ります。気道が半分くらい胃カメラの管でふさがれ呼吸がうまく出来なくなるからです。検査の間ずっと鼻からの吸ってはいてに集中するようにしていて、ゆーっくりと呼吸を繰り返します。呼吸できない苦しさに比べたら、喉の違和感や他の項目は何とかなっています。』(37歳女性)

●『胃カメラの検査で私の一番嫌いな点は、前日の夕飯にいつものように、大好きなお酒を沢山飲めない事、大好きな脂っこい肉料理、中華料理を我慢し、さっぱりした和食を食べ、朝食を食べられない事です。また、胃カメラの際のバリュウム飲むこと、カメラを飲み込む際、とても苦しいです。』(45歳男性)

●『私は麻酔を使ったのですが、喉が狭いらしく無茶苦茶苦しかった記憶があります。そばにいらっしゃった看護師さんに手を握って励まされながら医療行為を受けたことが初めてのため本当に苦しかった記憶として残っています。』(44歳男性)

●『お腹にカメラがギュッと詰まって入っているのが一番嫌です。徐々にお腹にカメラが入ってくるので、お腹はパンパンに張ってきて苦しいですし、検査中もそこに意識を持っていくとさらにきつさを感じます。また、抜く時もお腹の圧迫感があるので、ずっと苦しいです。』(36歳女性)

●『胃カメラの検査は、喉を痛めてしまいそうであり、息苦しいと感じてしまいます。気持ち悪い感じがしてふらふらしてしまうと考えられます。とにかく苦しいという印象があり、胃カメラはやらなければならない検査ですが、できるならば息苦しくない検査が良いと思いました。』(33歳男性)

●『胃カメラなどの内視鏡検査に限ることではありませんが、本来、体の不具合を発見するための検査であるのに、検査を受ける人の体に負担をかけさせる方法を用いるのは本末転倒だと思っています。特に胃カメラでの検査の際には咽頭が傷付けられる危険性や麻酔による副作用など、リスクが高い検査であると感じます。』(46歳女性)


【第4位:喉の違和感】


●『胃カメラが入ってくるという施術前の恐怖感が嫌でした。2年前に胃カメラを使用しました。しかし実際は痛くありませんでした。麻酔は臓器に負担のかからないようなガスだった記憶があります。軽く胃の中を見るだけでしたので、5分も滞在するということはありませんでした。』(30歳男性)

●『麻酔をした後の、のどが違和感(腫れる感じ)が苦しすぎる。息もできないような感覚になり、唾液も飲み込めなくてその状態が非常に苦しい。検査が終わった後も、のどの違和感が消えるまでに時間がかかるのも苦しい。』(42歳女性)

●『喉を管が通る違和感がとても嫌です。カメラ管が通る際、呼吸が合わないととても苦しく、嗚咽が発生してしまいます。あの苦しさは二度と味わいたくないです。従って毎回呼吸のタイミングには神経を遣い逆に体に力が入り看護師の方より力を抜く様アドバイスされます。』(53歳男性)

●『麻酔をかけているのでそれほど痛みはないのですが、麻酔の液体の後味がずっとはりついたように残っていて、さらに胃カメラの異物感はあるのに反応できないような感覚がひたすら気持ち悪いからです。また、喉の違和感は胃カメラ後もしばらく残ったままで、その間ずっと喉が気になってしょうがなかったということも理由です!』(30歳女性)

●『胃カメラは何度かやりましたが、違和感はどうにも慣れません。あと、やってくれるお医者さんの腕にもよるところが大きく、全然大丈夫なときと苦しい時と差があります。ここら辺もうちょっと全体的にレベルが上がってくれたらなあと思います。』(40歳女性)

●『風邪をひいてえなくても咳き込みが止まらなくなってしまうと嘔吐するまでになってしまいます。なので喉に違和感を感じると常に咳き込みが始まり嘔吐してしまうのではないかと苦しさを想像してしまい、少しの違和感にも敏感になってしまいます。』(42歳女性)

●『喉の違和感が嫌でした。検査中ずっと喉に異物が引っかかっているような感覚が不快で、気を抜くとパニックになりそうでした。唾液は垂れ流していましたが、どうしても反射的に飲み込もうとしてしまいます。その時により強く喉の違和感を感じてしまい、嫌でした。』(29歳女性)



【第5位:唾液を飲み込めない】


●『胃カメラが嫌な理由は複数ありますが、検査時間中に唾液を飲み込めないことが一番苦手です。唾液を飲み込めないと思うと余計に唾液を意識してしまい、無理に我慢するため喉と胸が苦しくなります。検査中は唾液を受けるカップも用意していただけだのですが、見られるもの恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。』(43歳女性)

●『胃カメラを入れるときの嘔吐感や吐き気は、ちょっと我慢すればいいのだけれど、撮影中ずっとつばを飲み込めないのがつらい、つい飲み込もうとすると違和感がすごい、お腹の張った感じやげっぷは感じなかったし、苦しい感じもしなかった。』(62歳男性)

●『検査後30分は唾液を呑み込めないとのことで、待合室でひたすらティッシュを口に含み、吐き出し…を繰り返すのが嫌です。最近では検査自体はとてもスムーズに終わるのに、この30分は時間もティッシュも勿体無い。ここが改善されればもっと検査を受けやすくなるのに、残念だと思います。』(50歳女性)

●『管が、のどから入るので、胃液をまったく呑み込めなくて、毎回ゲホゲホしている。そして毎回よだれが口からでてきて結構屈辱的な感覚に陥ります。横になりながらとても苦しくて速く終わってくれと思いながらやっている。』(48歳男性)

【第6位:痛い】


●『選んだ理由は、耐え難い痛みに襲われて恐怖心を感じるからです。胃カメラを飲んでいる時の痛みは、注射の時の痛みとも違い何か似たような痛みがないため我慢の仕方が分からず、ひたすら意識を他に向けるしかないので嫌です。』(24歳女性)

●『無理矢理のどを通って管が入っていくため、入れる時および出すときに刺激を受けてはきそうになり、そのはきそうな感覚を我慢する必要があるため苦しくその記憶と感覚が残っているために胃カメラが苦しくいやなものというイメージが強く根付いている』(47歳女性)

●『鼻から管を通したとしても、オエオエ感が止まらない。麻酔のジェルを飲まされた瞬間からずっと吐き気が止まらないので、20分という長い時間、この吐き気と戦わなければならないのは苦痛でしかない。これだけ医学が発達しているのに、うどんほどの太さのチューブを鼻から入れるなんて、医学の発達の遅さを恨みます。』(47歳女性)

●『口の中に物を入れるという怖さです。そして、喉を通る時の痛みが加わり、より怖さが増します。その怖さを我慢すると余計に緊張して体が固くなら余計に怖さが増してしまって胃カメラが嫌だというふうに毎回感じてしまいます。』(44歳女性)

【第7位:ゲップを我慢】


●『もともと炭酸を飲んだりなど、何もしなくてもげっぷが出やすいのに、それを長時間我慢しなければならないのは無理だと思います。げっぷを我慢することにより、ずっと気持ち悪い感じが残るのも耐えられないと思います。』(32歳女性)

●『ゲップを我慢してくださいと言われますが、生理現象なので我慢できないし、しかしゲップしてしまうとその分胃カメラを入れている時間が延びるので、永遠に辛いのではないかという錯覚が起きてさらに辛い。嘔吐反射も辛いは辛いが、個人的にはゲップを我慢する方が肉体的にも辛いし精神的にも辛い。』(27歳女性)

●『吐きそうなほどゲップを出したいのに我慢してと言われる事が何よりも辛いです。また、どうしても我慢できずゴォェェと出してしまっても、落ち着く暇なく、容赦なく空気がバンバン入ってくるのが終わりの見えない地獄のようでした。』(26歳女性)

●『ゲップをする事によって、時間がかかるし、ゲップを我慢できない。医者に、いろいろアドバイスを受けるがどうしても、ゲップを我慢できず、胃に入れた空気を吐き出してしまう。それがなければ、いいと毎回、受けるたびに感じます。』(52歳女性)

【第8位:検査時間5分の我慢】


●『ある程度は事前に説明されるものの、実際に何をされているのかがはっきり見えない状況で、多少の痛み、違和感や苦しさがある状況で、何かあったらとネガティブな想像をすると、体感で5分よりも長く感じるあの時間がとても嫌だ。』(40歳男性)

●『選択肢すべてを選びたいくらいですが、1つと言われると総括して、とにかく気持ち悪く吐きそうになったまま、あっちこっち向かされる、あの時間の長さが苦痛です。ゲップというか吐きそうで「ウッ」となると「ハイ我慢して」と言われ、約5分ずっときついです。検査のためなので仕方がないのですが…。』(49歳女性)

●『そもそも異物を口の中に入れることが苦しいですし、なれてない方にはかなりの登竜門だと思います、胃カメラを入れる前のバリウム?という液体も全部飲まないといけないですし、味も鉛みたいな重たい感じだったのでかなり辛かったです』(34歳男性)

●『内臓の奥深くに異物がどんどんと押し入っていく感じに強烈な圧迫感を感じると共に時間の感覚が麻痺してカメラの管が奥に進むに連れて時間の流れが遅くなって来る様に感じる様になりこの状況からいつになれば脱出出来るのだろうかという不安感に襲われます。』(53歳女性)

【第9位:麻酔のスプレー】


●『検査そのものよりも、麻酔がとにかく嫌いです。まずあの独特の苦み。そして飲み込んではいけないし、麻酔が徐々にきいてくるので、喉が開いたままになってる感覚が気になります。とにかく、これだけ医学が発展しているのに、胃の検査はアナログな部分が多いと思います。もっと楽に検査を受けられるようになってほしいです』(43歳女性)

●『麻酔スプレーの味が苦く、麻痺してくる感じも気持ち悪いです。少ししかスプレーしない人もいますが、大量に噴射してくる人もいて、耐えられないです。さらに、噴射したあと飲み込まずに上を向いて喉の部分でしばらく溜めてくださいと言われるので、溜めておくのもとても辛いです。』(44歳女性)

●『毎年、内視鏡検査を受けるのですが、上に書いてあるの全てにチェクを入れたいくらいすごく苦手です。特に麻酔スプレーで、かなりの嗚咽が来ます。でも睡眠薬をしてもらうとかなり楽に受けられます。ちなみに鼻から内視鏡も受けましたが、検査中も先生と話しながら受けられますが、検査後鼻の奥とのどに違和感が、2.3日残りました。』(38歳男性)

●『麻酔のスプレー自体は、苦痛ではないが終わってもなお、痺れが続く。後の食事が楽しめなく辛いです。それに、コーヒーや飲料も違和感がありました。嘔吐やのどの違和感をないので、出来れば麻酔を止めてほしい。また緩くする方法がないのかと思います。』(53歳男性)

【第10位:お腹が張った感じ】


●『私は普段から便秘症でほぼ毎日欠かさず「下剤」を服用しています。それでも出ないときには浣腸をするほどです。なので、お腹が張った感じになる胃カメラは私にとって恐怖でしかなく、その場で飲まされる下剤についても、下剤過多になるのではないかといった不安が大きいものです。』(40歳女性)

●『ガスがお腹で溜まっている状態で、体をあらゆる方向に動かされ、ゲップが出そうになっても出してはいけないので、それを我慢するのは苦しいです。もしゲップが出てしまったら、またやり直しかもしれないというプレッシャーも嫌です。』(35歳女性)

●『最初の麻酔液のところから嫌です。人間ドッグは15年位受けていますが。麻酔スプレー、麻酔液は昔より大分楽になりました。十二指腸を通る時の痛みやお腹の張りや気持ち悪さが一番ですが、ゲップを我慢しているのも辛いです。』(63歳女性)

●『私は普段から便秘症でほぼ毎日欠かさず「下剤」を服用しています。それでも出ないときには浣腸をするほどです。なので、お腹が張った感じになる胃カメラは私にとって恐怖でしかなく、その場で飲まされる下剤についても、下剤過多になるのではないかといった不安が大きいものです。』(40歳女性)


■会社概要

商号  : 正モバイル株式会社
代表者 : 代表取締役 新井 正恭
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2F
事業内容: Webメディア運営事業
電話番号 :070-4333-9199
メール:asm@masamobile.co.jp
URL : https://masamobile.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ