28日午前8時、江田五月元参議院議長が岡山市内の病院で肺炎で亡くなった。
80歳だった。

江田氏は1977年、参議院議員選挙に全国区で立候補し、初当選。
その後、科学技術庁長官や、参議院議長などを歴任した。

菅内閣では、議長経験者が法相に就任するという異例の形での入閣を果たし、民主党政権下で重鎮として政権の引き締めに尽力した。

葬儀は、家族葬として執り行う予定で、後日、お別れの会を検討しているという。