働く人に役立つプラスαな考え方に注目する「αism」。

海の上でも脱炭素。
大手企業同士のタッグから生まれた、新時代の船を取材した。

テストボードがゆっくりと動き始めたが、一般的なボートと違って、大きな音がほとんどない。

脱炭素時代の鍵となる、この船の正体とは。

滑るように走るのは、ヤンマーが開発中の「ゼロエミッション船“FCプロト艇”」。

大分・国東市の近海で、3月から実証実験を重ねている水素燃料電池船。

推進システムのベースは、トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」に搭載されている、燃料電池と水素タンクを採用し、それを船舶用に応用。

水素と空気中の酸素を反応させて電気を起こし、その力がモーターへ伝わり、動力を得ている。

ヤンマーパワーテクノロジー・平岩琢也さん「水素燃料電池はCO2に限らず、NOx(窒素酸化物)・SOx(硫黄酸化物)も出さない、いわゆるゼロエミッションとなるので、エンジンと比べて特に環境に良いといった特徴がある」

排出されるのは、水だけ。
船体の横から排出されている蒸気が、その水。

キャビン内は、広くてシンプル。
モーターの始動も、タッチパネルで操作する。

ヤンマーパワーテクノロジー・平岩さん「(これからどのような実験を?)本日は、電動船ならではの『加速性能試験』をしたいと。モーターを使っているので、エンジンと比べて加速性能がいいという特徴がある」

滑らかに進むテストボート。
エンジンに比べ、素早く力強い加速が特徴という。

ヤンマーパワーテクノロジー・平岩さん「われわれの強みとしては、トヨタ自動車の燃料電池ユニットを使っている。それをマリナイズして搭載しているのが強みと考えている。海外に負けないところ。欧州や北米で燃料電池船のプロジェクトは始まりつつある状況。国内でも数例の実験船はあるが、ここまで完成形の高い実験、燃料電池船はヤンマーが初めてということになる」

トヨタは、燃料電池車「MIRAI」の技術を活用してもらおうと、この春から燃料電池モジュールを鉄道や発電機向けに提供。

企業連携によるスピード感のある技術開発で、水素エネルギー普及へつなげる動きが加速している。

その一方で、船舶用の水素供給設備は1カ所もないなど、インフラ面での課題も残されている。

ヤンマーパワーテクノロジー・平岩さん「脱炭素の流れが世界的にきているので、脱炭素に向かった開発をしないと、市場から淘汰(とうた)される時代になってきている。弊社はエンジンメーカーなので、水素エンジンも並行して開発を進めている。水素燃料エンジンと水素燃料電池、どちらも持てるようにして、これらを組み合わせてひとつのパワートレインシステムとして、ヤンマーとしてインテグレートしていくことを考えている」