大型で強い台風6号は、ゆっくりした速度で、勢力を強めながら沖縄に接近している。

台風6号は、23日に宮古島や石垣島などの先島諸島にかなり接近し、丸一日、暴風域に入る見込み。

予想される最大瞬間風速は65メートルで、気象庁は、風への警戒を呼びかけている。

これは、電柱が倒れるなどの被害が相次いだ、2015年の台風15号に匹敵する猛烈な風。

海岸付近は、高潮による浸水や冠水のおそれがあり、厳重な警戒が必要。

また、断続的に強い雨が降り、23日午後9時までの24時間予想雨量は、多いところで250mmとなっている。

台風の動きが遅く、大荒れの天気が、長く続く見込み。

十分な注意が必要となる。