ユネスコは、世界文化遺産に登録された長崎県の軍艦島について、朝鮮半島出身の労働者をめぐる表示が不十分だとして、「強い遺憾」を表明する決議案を採択した。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会は22日、日本の世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」を構成する長崎県・端島炭鉱(通称・軍艦島)に関して、「多くの公約を果たし、委員会の決定の多くの面を順守している」と評価した。

一方で、戦時中に徴用された朝鮮半島出身の労働者をめぐる表示が不十分などとして、「強い遺憾」を表明する決議案を採択した。

軍艦島をめぐっては、日本が「産業遺産情報センター」を設置し、「朝鮮半島出身者への差別はなかった」との元島民の証言などを展示しているが、韓国は、「歴史的事実を完全に歪曲している」などと反発していた。

日本政府は、「わが国政府は約束した措置を含め、誠実に履行してきた」として、今後も適切に対応していくとの立場を明らかにしている。