名古屋城の天守の上から姿を消していた、シンボルの金のシャチホコ。

実は2021年3月、16年ぶりに天守から下ろされ、愛知・名古屋市内などで展示されていた。

コロナの影響で低迷する観光業を後押しするためだ。

22日朝、その2体のシャチホコを天守へと戻す作業が行われた。

シャチホコを運ぶのはヘリコプター。

まずは、オスのシャチホコが入れられた鉄の枠にワイヤーを取り付ける。
そして、重さおよそ1.2トンのシャチホコが宙に浮く。
そのまま、まるで空中遊泳をしているかのように、名古屋城へと運ばれていく。

そして、シャチホコは天守の上へと移動。
作業員たちがワイヤーを掴み引き寄せるが、作業員の1人がワイヤーに引っ張られ、体を大きく持っていかれる場面も。

しかし、その後は大きな問題もなく、2体とも作業を完了。
シャチホコは、天守の屋根へと無事に戻った。

名古屋市・河村市長「金シャチにはお戻りになって、ちょっと高いところから名古屋の皆さんを励ましてということ。みんなコロナで苦しんでいるので」

8月中旬ごろには、天守の足場や囲いが外され、元通りの姿が見られる予定。