アメリカのシャーマン国務副長官は21日、日本メディアのインタビューに応じ、北朝鮮との対話の準備はできていると述べ、拉致問題などの解決に向けて日米で連携する考えを示した。

シャーマン国務副長官「われわれは対話を始める準備ができている。北朝鮮の回答を待っている」

シャーマン副長官は、日本などと連携して北朝鮮政策の見直しを行ったと述べたうえで、朝鮮半島の非核化などで、韓国も含めた3カ国で連携して取り組む考えを強調した。

また、中国に対しては、台湾海峡の問題などについて懸念を示し、日米で協力して対応する考えを示した。

シャーマン国務副長官「(中国の)強引な行動への懸念を日本とは共有している」

一方、アメリカ・バイデン大統領のジル夫人が、東京オリンピックの開会式のために日本を訪問することについて、「ジル夫人は楽しみにしている」と述べた。