22日は海の日です。富山市の海岸では、きれいな海を守ろうと清掃活動が行われました。

この清掃活動は、プロサッカーチーム、カターレ富山と地域活性化を目的とした団体、まるごとTOYAMAが主催したもので、チームの関係者などおよそ300人が参加しました。

清掃活動では、夏休みが始まった子ども達が、汗を流しながらごみを拾い集めていました。

環境省によりますと、富山湾の海洋ゴミの量は1年間でおよそ1800トン。これは、ごみ収集車450台分に及び、その多くが陸から出て流れ着いたプラスチックごみだということです。

カターレ富山は、これからも清掃活動などを行い、社会問題の解決に貢献していきたいとしています。