新型コロナウイルスの感染拡大が続き、首都圏に緊急事態宣言や、まん延防止等重点措置が出されている中、オリンピック開幕を23日に控え、4連休の初日を迎えた。

高速道路は激しい渋滞となったほか、東京駅では旅行に向かう様子が見られた。

22日午前9時半ごろのJR東京駅の東海道新幹線のホーム。

コロナ禍前より人出は少ないものの、感染防止をしたうえで旅行に向かうといった家族連れなどが見られた。

小田原に向かう家族連れ「ホテル内で過ごせるところで、連休を過ごそうかと思って」

羽田空港の国内線は、2020年の同じ時期より利用者が増え、帰省する家族連れなどの姿が見られた。

熊本に帰省する家族連れ「実家の父と母もワクチン接種が済んでいて、会おうと」

また、東京・八王子市の高尾山では、朝から多くの人が訪れ、登山を楽しんでいた。
普段より、人出は多いという。

一方、海の日の22日、神奈川・藤沢市の海水浴場では、コロナ禍前よりは少ないものの、海水浴を楽しむ人の姿が見られた。

訪れた人「(かき氷を)1年ぶりくらいに食べたので、すごくおいしく感じます」

高速道路は、各地で朝から激しい渋滞となっていて、午前11時時点の中央道下りが、小仏トンネル付近を先頭に40kmの渋滞となっている。