東京オリンピック開幕まで、あと2日。

東京・府中市小金井街道の自転車ロードレースのコースとなる道路で21日朝、視聴者のカメラが異変をとらえた。

横断歩道から、道路の上にまだ固まりきっていないアスファルトがまかれていた。

オリンピックコースに対する嫌がらせ行為なのか。
現地を緊急取材した。

東京・府中市を走る自転車ロードレースのコース上で起きた異変。

横断歩道や道路の上に重ねるようにまかれたアスファルト。
ごつごつとしている様子が見てとれる。

自転車のロードレースは、各国の代表選手がおよそ250kmを走り、順位を競う。

24日に男子、25日に女子のレースが行われるコース。

異変が起きた場所は、武蔵野の森公園をスタートして小金井街道に入り、府中の森公園西角交差点付近。

本番3日前に、何が起きたのか。

現場へ向かうと、まかれたアスファルトは撤去済みだった。

現場で撤去活動を終えた業者に話を聞くことができた。

アスファルトを撤去した業者「固まり始めてたんで削った」、「(今までこんなことは?)今まではないです、初めてです」

撤去した業者によると、まかれていたアスファルトはおよそ2トンほどで、しっかり平たんに整備されていたという。

近所の人「ちょっと信じられないよね」、「ここら辺に住んでる人も困るので、やめてほしいなと思います」

警視庁によると、誰が、いつ、どのようにまいたのか不明で、現場では、工事の予定はなく、オリンピックを妨害する意図があったのかなどについては捜査中。