7月18日、第十一管区海上保安本部が撮影した救助映像…

この記事の画像(9枚)

沖縄・糸満市の喜屋武漁港の沖合で、救助ヘリから隊員が海面へと降下していく様子が映っている。

「親子が沖へ流された…」救出の一部始終

人気のマリンスポーツ「SUP(サップ)」のレンタルショップから「親子が沖へ流され、戻れなくなっている」と通報があり、海上保安庁が救助に向かったのだ。

隊員が泳ぎ着いた先には、ボードに乗った親子の姿が…隊員が声をかける。

救助隊員
ケガとか大丈夫ですか?

遭難した父親
大丈夫です…

救助隊員が到着したことで安心したのか、親子の顔にはようやく笑みが浮かんだ。

隊員に促され、親子は海に入ると、海上保安庁の救助用ジャケットを装着。ヘリにつり上げるためのフックが付けられた。

救助隊員
お父さん!サップにつかまっておいてください

ヘリが近づくまでボードにつかまっている親子だが、波がときおり高くなり、顔にかかることも。

数分後、ヘリから垂らされたロープをフックにつなぎ、無事ヘリへと引き上げられた。救助にかかった時間は10分ほどだった。

今回救助されたのは40代の父親5歳の息子

親子2人はボードの上に乗り、パドルでこいで海を進む「サップ」というマリンスポーツを楽しんでいたところ、現場海域の波風が強く、始めてわずか10分ほどで沖に流されてしまったという。

第十一管区海上保安本部によると、沖縄県では、今年「サップ」をめぐり12人が事故に巻き込まれていて、去年より増加傾向にあるという。

人気のマリンスポーツを楽しむ注意点とは?

では「サップ」を楽しむ際には、どういう点に注意したらよいのだろうか?

日本SUP指導者協会 公認インストラクター・鶉橋克巳さん
ライフジャケットを必ず着用していただきたい。沖の方に距離が空いたなと思ったら、その時点で一度ビーチの方に戻っていただくとか。必ず防水ケースにスマートフォンを入れていただいて、流されたなと思ったら118番・119番・110番ができれば一番良いと思います

(イット! 7月20日放送より)