日本相撲協会は、大相撲の十両・貴源治が、大麻を使用していたことが判明したと発表しました。

日本相撲協会によりますと、「貴源治が、大麻を使用しているのではないか」との噂話があり、これに基づき、今月19日に薬物検査を行ったところ、陽性の判定が出たということです。

本人に確認したところ、名古屋場所中に宿舎近くの道路で歩きながら、大麻たばこを吸ったことを認めたとのことです。

協会の内部規定に従い、警察に通報し、現在は捜査中ということで、今後は警察の捜査に全面的に協力しつつ、調査および処分を検討するとしています。