東京オリンピックの開会式まであと3日。選手の感染が相次いでおり、競技への影響が懸念される。そんな中、行方不明のウガンダの選手とみられる人物が先ほど三重県で保護された。

16日に事前合宿の大阪から失踪していたウガンダの選手が三重県内で発見され、四日市市の南警察署で保護されているという。

発見されたジュリアス・セチトレコ選手(20)は重量挙げの選手。

この記事の画像(7枚)

16日正午すぎにPCR検査に現れず、泉佐野市の職員がホテルの部屋にいないことを確認。

「ウガンダの生活が厳しいので日本で仕事がしたい」

部屋には「ウガンダの生活が厳しいので日本で仕事がしたい」という趣旨の書き置きがあり、新幹線で名古屋に向かったことが防犯カメラの映像で分かっていた。

セチトレコ選手は携帯電話を所持しており、16日18時ごろウガンダの重量挙げの協会に対して「今は話せる状況ではない」と伝えたという。

泉佐野市は大阪府警に行方不明届を出しており、警察が捜索を続けていた。現在、警察がセチトレコ選手に行方がわからなくなってからの経緯を聞いているという。

選手は東京・晴海の選手村に出発

7月20日事前合宿を行っていた大阪・泉佐野市から東京・晴海の選手村に向かって選手たちは出発。

見送りに来た泉佐野市の市長は失踪したセチトレコ選手について問われると…

大阪・泉佐野市 千代松市長:
1人が所在不明になってしまったことに対して本当にとても残念に思いますし、ホストタウンとしての責任も感じています。

(「イット!」7月20日放送分より)