一方富士宮市は違法な盛り土などについて、関係部署の連携を強化するため調整会議を設置しました。

盛り土の許認可には都市計画課や農業政策課生活環境課などが関わります。

会議には警察もオブザーバーとして参加し、それぞれの部署で行っていた事業の受け付けや、パトロールについて連携することを確認しました。

富士宮市内では危険な盛り土は見つかっていませんが、周辺の市町とも協力する方針です。