19日の東海3県は、各地で猛暑日が予想されていて、気象庁などは東海3県に熱中症警戒アラートを発表し、対策を呼び掛けています。

 19日の東海3県は、高気圧に覆われた影響で広い範囲で晴れていて、気温はすでに各地で30度を超えています。

 最高気温は名古屋と岐阜で35度と猛暑日が予想されていて、気象庁などは東海3県に熱中症警戒アラートを発表しました。

 岐阜県と三重県に熱中症警戒アラートが発表されるのは初めてで、こまめな水分補給のほか、室内ではエアコンを使用するなど、熱中症への警戒を呼びかけています。