新型コロナウイルスの影響で延期が決まった東京オリンピック・パラリンピック。県関係アスリートや県民は様々な反応を見せています。オリンピック代表に内定しているボクシングの成松大介選手(熊本農高出身)は25日、TKUの取材に対し「延期はある程度覚悟していた。2年先と言われるとコンディションの維持が難しいが、1年ならば気持ちを新たに頑張って、さらに強くなった姿を皆さんに見せたい」と前向きな心境を語りました。パラリンピックも延期が決定し、前回のリオデジャネイロ大会車いすラグビーで銅メダルを獲得して2大会連続出場を目指している乗松聖矢選手(荒尾市出身)も「もう1回モチベーションを持ち直す。トレーニング期間が延びるので、よりよい状態で大会に臨める」と語りました。街を歩く男性は「しょうがない」とひとこと。ほかにも「延期しないとだめかなと思っていた。無理に開催しても来られない国の人や国内でも参加できない人、観覧に行けない人も出てくるだろうから」(女性)「日本の経済がどうなるかが一番心配」(高齢男性)「1年後はテレビの前でしっかり日本代表を応援したい」(若い男性)などの声が聞かれました。