東京都で7月15日、新たに1308人が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。今年1月以来、約半年ぶりに1300人を超えています。

都内で15日新たに感染が確認されたのは1308人で、先週木曜日の896人から412人増えて、26日連続で前の週の同じ曜日を上回っています。

年代別では、
10代以下が153人、
20代が450人、
30代が256人、
40代が211人、
50代が153人、
65歳以上が45人などとなっています。

また、重症者は昨日と比べ3人増えて57人、新たに死亡が確認されたのは4人でした。

一方、変異ウイルスを調べるスクリーニング検査は591人に対して行われ、そのうちインドで確認された変異ウイルス(L452R)に感染していたのは177人でした。

【関連記事はこちら】
>>>【データでみる新型コロナ / ワクチン】 特設ページ