株式会社イーストは、想いを伝えるショールーミングPOP UP STORE『tenjii(テンジー)』を2021年9月よりスタート。

メーカー企業様にとって、マーケティングとセールスを融合した新たな形態を目指します。

今回は、その開発の裏側をお伝えします。


第一弾は関西圏の人気商業施設(なんばCITY、あべのキューズモール、

あまがさきキューズモール、みのおキューズモール)で2021/9/20~12/1の間に順次展開

キッカケは苦戦するD2C企業へのステージを提供したいという想い

昨今、ショールーミングストアは注目を集めている店舗形態です。

小売店のように製品を仕入れて「販売する形態」ではなく、製品PRや分析データ取得などのマーケティングを主として製品を「展示する形態」です。


このような形態に注目が集まるのは、近年オンラインを中心に活動するD2C企業の急激な増加が背景にあると分析しています。

実店舗リスクをなくして自社ECサイト等で販売する企業は増加傾向にありますが、同時に商品認知を訴求するWebマーケティング戦略が高度化しており、実店舗へ商品を置くことの必要性が見直されてきています。


私たちもまた、Webマーケティングで苦戦している製品に「リアルの広告媒体」として実際に触って体験できるステージを作りたいという想いで、「tenjii」のスタートを切りました。


「tenjii」の特徴は常設店舗ではなく、期間限定店舗として商業施設内で「POP UP STORE」の形態をとっていることです。

これには2つの理由があり、1つ目は当社の展開するサービスのクライアントが商業施設デベロッパーであること、そして2つ目はブランド初期のフェーズでは常設よりもPOP UP STOREの方が集客を期待できることです。


POP UP STOREを行うスペースは商業施設のイベント販促でも活用されているので、コラボ企画等の相乗効果が見込めるイベントを実施できることも特徴です。

営業先で言われた一言。失敗からの転換

お伝えした通り、「tenjii」は小売店ではありません。

メーカー企業様にとってマーケティング戦略の一環として活用いただくことを目的に営業活動を行ったのですが、実は最初は全然刺さらなかったんです。


tenjiiはメーカー企業様のECサイトにて購入いただく形を取っており、来客数から試算したCVR(コンバージョン率)を指標として、集客が見込める出店場所選定に注力していました。


当初は「とても人通りの多い場所に展示するのでたくさんの方の目に触れます」という触れ込みで営業していたのですが、結果は惨敗。


主な理由としては金額やタイミングを理由にお断りされていたのですが、ある営業先で「人の目に触れられれば売上があがると思ってる?」という一言。

その時は非常に厳しい言葉だと感じました。


今回「tenjii」を新たに起案したサービス責任者:鈴木


何が足りないのか頭を抱え、当時は家電量販店や人気のストアにヒントが隠れていないか。展示の工夫や消費者の動向を確認しに何度も訪れました。


出展企業にとって定量的な指標として分かりやすいのは売上です。売上に繋がる施策は色々と想定していましたが、製品によって売り方もターゲットも異なるので絶対に売れる法則はありません。

時間だけが過ぎ、開催までのリミットが刻々と近づく中、とある製品の展示会に訪れたときに見落としていた重要なことに気づいたのです。

想いを伝えることの大切さ

展示会では、出展企業様の製品担当や代表が製品について案内してくださいます。

製品担当者は製品一つ一つに開発のストーリーや想いがある為、私たちは意図せずとも自然にそのストーリーに耳を傾けて聞いていました。

作り手の製品に対する想いを聞くことで製品に対し、親しみを覚え、応援したいという気持ちになっていったのです。


単純な話ではありますが、これまで私は接客術や注目を浴びそうな製品を探すことの戦術的なところばかりに着目していましたが、本質的なところに気づいていませんでした。


製品に対するメーカー企業様の想いを伝え、消費者が製品のファンになっていただくこと。それが私たちにとっての最大のミッションだと認識したのです。

幸いtenjiiはその場で販売しないので、消費者にとっても接客が購買への圧力になりません。


私たちは出展企業様の想いに耳を傾け、最大限出展企業様のご意向を柔軟に取り入れ、製品のストーリーや想いをしっかりお客様に伝えることを大切にしていきます。


tenjiiでは、出展企業様とお客様双方に喜んでいただける他にはない独自施策を多数ご用意しております。

また、一般のお客様だけに限らず、小売店や卸売企業の担当者様にも意義のある空間になるよう広報活動も行っており、BtoC、BtoBの垣根のない「製品と人を繋ぐ場所-tenjii-」として始動しました。

現在はありがたいことに申込も順次頂いております。


サービス概要が気になる方は是非、下記よりお問合せください(tenjii運営メンバー)



【 サービスに関するお問い合わせ】

tenjii運営事務局

所在地:大阪府大阪市北区芝田1丁目14番8号 梅田北プレイス6F

PR担当:鈴木

メールアドレス: info@tenjii.jp

▼tenjii Webサイト:https://tenjii.jp/


 【株式会社イースト概要】

商号:株式会社イースト

本社所在地:東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3F

代表者:長島 秀晃

設立:1997年10月

事業内容:システム事業/オペレーション事業/セールスソリューション事業/地域創生事業

▼企業サイト:https://www.east-inc.jp/




行動者ストーリー詳細へ
PR TIMES STORYトップへ