同じ女性に10年以上付きまとっていた男。

女性が、進学や就職で利用する駅が変わっても、同じ車両に乗るなどストーカー行為を繰り返していた。

同じ女性に10年以上のつきまとい行為…

20代の女性にストーカー行為をした疑いで逮捕された橋本憲介容疑者(41)。驚いたことに、橋本容疑者は被害女性に10年以上にわたってストーカー行為を繰り返していたという。

この記事の画像(6枚)

事件が明らかになったのは6月25日。橋本容疑者が電車内で女性の体を触ったとして、痴漢行為で現行犯逮捕されたことがきっかけだった。

6月23日から3日間、埼玉県のJR南越谷駅構内で被害女性を待ち伏せしたとされる橋本容疑者。警察が橋本容疑者のスマートフォンを調べたところ、被害女性を別の駅で隠し撮りした写真や動画が残っていたという。

その後の調べにより、橋本容疑者は被害女性が高校生だった当時、たまたま駅で見かけて好意を抱き、駅などで待ち伏せを始めたことが判明。

女性が進学や就職で利用する駅が変わっても、同じ車両に乗るなど、10年以上にわたってつきまとい行為を繰り返していたという。

被害女性は10年前から橋本容疑者に気付いていたものの、警察に相談などはしていなかったという。

現場となった駅を利用する女性からは不安の声が…

同じ駅の利用者:
日常生活に怯えないといけないから安心できないなと思いました

同じ駅の利用者:
これからもその人(橋本容疑者)は(被害女性への)気持ちは消えにくいと思う。怖い…

容疑者「女性とお近づきになりたかった」

埼玉県内でリフォーム業を営んでいる橋本容疑者。

橋本容疑者の小学生時代を知る人は「顔は知っている。そんな悪いことするような子じゃない」と話している。

被害女性について橋本容疑者は「名前も自宅も知らない」とした上で、10年以上つきまとった理由について「女性と仲良しになり、お近づきになりたかった。話をしたかった」と話している。

調べに対し、橋本容疑者は被害女性を隠し撮りしたことは認めたものの、待ち伏せはしていないと容疑を一部否認。警察は詳しい経緯について調べを進めている。

(「イット!」7月16日放送分より)