岩手県陸前高田市の高田小学校で震災後初めて、児童が被災した建物に入り、津波の怖さを教わった。

心のケアの観点から行われていなかった ”津波の怖さ” を直接感じる授業、児童は何を感じたのか。

米沢祐一 さん

「あそこに矢印見えますか?津波の到達水位というのがありますけど、あそこまで津波が来たんです」

この日(6月18日)、陸前高田市の津波の爪痕が残るビルに初めて地元の小学生が入った。

高田小学校4年生の児童28人。

児童が生まれたのは2011年の4月以降。誰も津波を知らない。

4年生は…

「高い所で少し怖かったけど、津波のことが実感できた」

震災で7人の児童が亡くなった高田小学校では、児童への心の配慮から2019年まで、こうした直接震災と向き合う授業は行われてこなかった。

その方針を変えたのが2020年、母校である高田小の校長に赴任した金野美惠子さん。

金野さん自身も、両親を津波で亡くしている。

高田小学校 金野美恵子 校長

「被災地における現状を、ここで生まれた子供たちが知らないまま過ごしていいのか、葛藤がありまして」

現在、高田小は半数以上が津波を体験していない児童。

教師も18人中11人は当時を知らない。

このため金野さんは、当時の被害の様子や復興に向けた歩みを、地域の人から学ぶ授業を取り入れた。

このうち4年生は、担任の菅野洋介さんが陸前高田市出身だが、震災当時は内陸にいて津波を知らず、自身も学びながらの授業だ。

4年生担任 菅野洋介 さん

「経験していないからこそ、津波のことをそのまま伝えるのはどうなのかなというのもありましたし、あまりこちら側が教えるのではなく、現地の人に話を聞いたり、実際の被災地に足を運んで感じてもらったりした中で、これから授業の中で、子供たち自身に考えさせていきたいと思っています」

教師も児童も津波の恐ろしさを知らない。

こうした中、ある思いをもって手を差し伸べた人がいる。

米沢祐一 さん

「陸前高田で生まれて、陸前高田で育ちました。出身校は皆さんと同じ高田小学校です」

自分のビルを震災遺構として残し、この屋上で生き延びた経験を語り継いでいる米沢祐一さん。

米沢さんには、小学5年生の娘がいて、この10年間津波の恐ろしさを語り伝えてきた。

今回は、同じ年代の児童たちに娘に話すように優しく、時に臨場感を持って語りかけた。

米沢祐一 さん

「奥に歩き出そうとした時に、あれっと思ってるうちにダァ~っとものすごい勢いでドーン。本当に今、皆さんがびっくりするぐらいのものすごい揺れが来ました」

陸前高田の未来を担う子供たちに『怖さを感じてもらうことで、防災力は高まる』。そう信じて説明にも熱が入る。

米沢祐一 さん

「全部真っ黒。全部津波ですよね、周り。それで、はしごがあるんだけど、次の瞬間このはしご登ってました。煙突の前に津波があたって、しぶきがパシャパシャって体にかかるような感じ。ここから(登った煙突の)下は360度全部津波です。それを想像してほしい」

無理には登らせないよう配慮もしていたが、ほとんどの子供たちが、怖さを感じながらも屋上の煙突まで登って、当時の津波を追体験した。

4年生は…

「すごい怖かった」

「一面真っ黒を想像して、すごく怖かったです」

「あそこまで高いと思わなくて、今日ここで登ってみて、初めて津波がこんなに高いんだなと思いました」

米沢祐一 さん

「やっぱり力が入りました。だから、いつもよりも気持ちが入ってたというか、聞いてほしいという気持ちはありました」

校長の金野さんは、児童たちの感想を聞いて、今回の体験学習に手ごたえを感じていた。

高田小学校 金野美恵子 校長

「体で感じることによって、怖いという言葉が出てきました。怖いと思わないと防災というか、人間本来の『生きたい』というところにいかないのではないのかな。だから体験学習が大事だと感じました」

命の大切さを学んだ高田小の子供たち。

『この体験を通して、自分たちは何をすべきか』次の課題に向けて、成長の日々が続く。