新型コロナウイルスで合同企業説明会の中止が相次いだことを受け、岡山県内の企業が動画で事業内容をPRするウェブ版の説明会が開かれました。例年とは違う就活戦線に、学生たちの反応は。

(記者)

「岡山市の大学のキャリア支援センター、コロナウイルスの影響で多くの企業説明会が中止になったからか例年より多くの学生が利用しているということです」

真剣な表情で画面と向き合う学生たち。実はこれ、れっきとした「合同企業説明会」の様子です。学生たちがパソコンで見ているのは…

25日公開されたのは、岡山県内142の企業や団体のPR動画が掲載されたサイトです。県や県内の大学が3月、開くはずだった大規模な合同説明会が中止になったため、代わりに設けられたのがウェブ上での説明会です。企業側からも興味を示した学生にアプローチできますが、質問など直接のやり取りはできません。

(学生は…)

「今までの先輩と形が違うので戸惑っている」「直接行く場合は社員の雰囲気をじかで見られるが、(ウェブだと)効果が分かりにくいというのがあると思う」

ウェブでの採用面接を取り入れる企業が増え、その練習を希望する学生も急増しました。岡山理科大学では前回の就活で1年通じて数件だった希望が、2020年に入ってすでに30件を超えています。

(岡山理科大学キャリア支援部 瀬良道訓さん)

「今年に限って就活が大変だったとならないよう、できるだけ情報を収集して学生たちに周知したい」

画面越しの就職活動に対応を迫られる学生たち。感染拡大が就活戦線にも影を落としています。