国連が掲げる「SDGs・持続可能な開発目標」について、岩手・小岩井農場の取り組みを通して「陸の豊かさを守ろう」というテーマを考える。

1世紀以上の歴史を持つ小岩井農場だが、牛だけでなく森も育て、自然を守っている。資源を無駄にしない循環型の農場としての取り組みを紹介。

広さ3000ヘクタールを誇る小岩井農場。

私たちがイメージするのは草原の景色だが、このうち2000ヘクタール、実に3分の2は森が占めている。

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「では、こちらにどうぞ」

三宅絹紗 アナウンサー

「この中に?」

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「はい。緑のトンネルをくぐっていきます」

入ってすぐ、沢があった。

この時期ならではの場所らしいのだが…。

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「皆で夜にここに来るんです」

三宅絹紗 アナウンサー

「え!?夜? あ、ホタル!」

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「そうなんです。こういう森の中の沢にはゲンジボタルが舞います」

まもなく見られるようになるというホタル。

幻想的な夏の景色だ。

小岩井農場ではボランティアの力を借り、生育環境を守っているという。

でも、なぜこれほどの森があるのか…。

その答えはさらに奥にあった。

三宅絹紗 アナウンサー

「すごい。映画とかに出てきそうですね」

空を「V」の字に切り裂くように、スギの木が伸びている。

「100年杉林道」と呼ばれる場所。

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「名前の通り、目の前の大きなスギの木は100歳」

三宅絹紗 アナウンサー

「100歳!?」

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「創業間もないころに植えて、100年かけて育ててきた森でもあります」

三宅絹紗 アナウンサー

「100歳。大先輩ですね」

小岩井農場の山林事業の歴史は古く、創業当時にさかのぼる。

元々は防風林を育てるために植林を始め、本格的な事業に発展した。

現在も伐採まで100年かけて木を育て、建築用を中心に供給を続けている。

大切に手入れされてきた森なのだ。

小岩井農場 ネイチャーガイド 佐藤康 さん

「どうですか?周りを見渡してみて。とても明るいのが分かると思うんです。森の手入れ、間伐をして、森の中に日差しが入るように明るくなると、今度はいろんな広葉樹が出てくる。そして、広葉樹が花を咲かせて実をつけると、今度は色々な昆虫もやってくる。そして、鳥もやってくる。小動物もやってくる。手入れ次第で豊かな森、明るくて気持ちよい森になるんです」

環境と生産活動の両立に向けた取り組みは他にもある。

例えば牛が食べるえさについても。

世界では、農地の8割が家畜のえさの生産に使われているとされ、その拡大のため森林が伐採されていることが、環境問題の一つになっている。

小岩井農場では、牛を育てるための牧草などのえさも農場内で生産している。

牧草は刈り取った後、サイロで発酵させ、雪が積もる冬の間も牛が食べるえさとして蓄えられる。

そして、こちらはなんだか物々しいが…。

三宅絹紗 アナウンサー

「こちらの施設は?」

小岩井農場 野沢裕美 さん

「牛の排せつ物から電気を起こす施設です」

牛のげっぷや排せつ物に含まれるメタンは、二酸化炭素の25倍もの温室効果があるとされ、地球温暖化の原因と言われている。

こちらのバイオマス発電施設では、牛の排せつ物と地域から集めた野菜くずを燃料に、それらから出るメタンガスで電気を生み出している。

その発電量は1日当たり一般家庭400軒分。

さらに電気を生み出した後の残りも、たい肥にして牧草を育てるために再び使われている。

2004年に町などとともに設立され、循環型のモデルとして国の表彰も受けた。

小岩井農牧株式会社 辰巳俊之 社長

「森を育て、荒れ地だった原野を開墾して、豊かな環境を作ってきました。この環境を保全して、持続させ循環させていく必要がある」

130年をかけ、緑溢れるまきばをつくった小岩井農場。

その歴史はこれから先の未来に続いていく。