首里城の再建に向けて話し合うワーキンググループは工事の資材を保管する施設にも漏電を防止する装置など火災を想定した対策を強化することを確認しました。

防災ワーキンググループでは来年度から始まる再建工事を前に資材を保管する倉庫などといった仮設施設の防火対策について議論しました。

この中では仮設施設にも漏電を遮断する装置などを設置するほか、万が一火災が起きた際に迅速に対応できるよう誰もが簡単に操作できる消火器を備えることを確認しました。

工事期間中も防火対策に万全を期すため、仮設施設や工事エリアを管理する警備室にモニターを置き24時間体制で監視することにしています。