24日、1年程度の延期が決まった東京オリンピック・パラリンピック。

大会史上初の事態にも、県内からは延期の判断を受け入れる声などが聞かれました。

【安倍首相】

「おおむね1年程度延期することを軸として検討していただけないかと提案をした。バッハ会長から100%同意するとの答えをいただいた」

新型コロナウイルスの感染が世界で広がるなか安倍総理大臣は24日夜、IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と電話会談し、東京オリンピック・パラリンピックを1年程度延期することで合意しました。

その後IOCは臨時理事会を開き、延期を全会一致で承認しました。

史上初の大会延期について県内からは…。

【街の人】

「パンデミックで世界中が大変なことになっている。中止にならなかったことが一つの救いじゃないか」

「選手の方も照準合わせてやってこられているでしょうし、それに関連する企業や応援する方もいろんな意味で全部影響が大きいと思うが仕方ない決断」

「中止にした方がいい。1年延ばしてまた中止になったら選手がかわいそう」

一方で、花角知事はきょうの会見で延期の判断はやむを得ないとしたうえで、引き続き事前合宿を予定する県内8つの市と情報交換をしていく考えを示しました。

【花角知事】

「事前キャンプを予定していた市町村は、開催に向けて相手国と関係を維持してほしいし、県も市町村と情報共有しながら応援していきたい」

オリンピック延期の余波は今後、さらに広がっていきそうです。