長年古町のシンボルとして親しまれた新潟市中央区の百貨店「新潟三越」が

3月22日(日)営業最終日を迎え113年の歴史に幕をおろしました。

多くの客に見送られた最後の1日を追いました。

113年の歴史に幕を下ろした新潟市中央区古町地区の百貨店・新潟三越。

最終日に見えたものは、人と人との絆でした…。

22日午前9時半。

【1階フロアマネージャー 朝礼】

「ぜひいつまでも暖かく心にとどめていただけるような最高の1日にしましょう!」

店内では涙をこらえて最後の開店準備。

一方店の外では…

【行列に並んだ買い物客】

「母親が働いていたので子供の頃から来ていたので感慨深いものがあります」

およそ1000人もの行列ができていました。この光景に高橋芳明店長は…

【高橋芳明店長】

「ついにこの日が来たかという思いで朝は迎えました」

背負った歴史の重みを感じていました。

新潟市中央区本町通に「小林呉服店」が創業したのが113年前。

昭和に入り「小林百貨店」と名を改め古町十字路に出店。

1955年の新潟大火では建物が全焼する苦難を乗り越え…

1980年に現在の「新潟三越」として新装オープンして以来古町の顔として街の賑わいを作り続けました。

その最後の日を前に・・・

【新潟三越 高橋芳明店長】

「丁寧にお客様に恩返しをしていく、力を貸してほしいと願った」

三越の屋上に祀られた商売の神様「おいなりさん」に願かけをして準備を進めてきました。

新型コロナウイルスの影響で客足が心配されましたが祈りは通じたようです…

そしていよいよ…

飛田厚史アナウンサー】

「新潟三越最後の営業がはじまりました9時50分開店と同時にお客さんが続々入ってきています。特別な1日がスタートしました」

行列が伸びたため予定を10分早めて最後の開店です。

【店員の呼び掛ける声】

「お立ち寄りくださいませ」

「本当にすごいの出しますからねお客様」

熱気漂う店内で買い物を楽しむ人や

店員)「さみしいですね」

客)「涙が出るよね」

親しいスタッフとの別れを惜しむ人も。

【高橋芳明店長】

「すごくファミリーというかそれが三越らしさ」

この親しみやすさが三越ならでは。なかには…

【お客さん】

「会いに来たわよ」

閉店を前に10年ぶりになじみのスタッフを尋ねた人の姿もありました。

【お客さん】

「(会いに来た店員さんが)素敵な方なんです」

ここまでお客をひきつける理由は顧客を大切にするその姿勢にありました。

【新潟三越 中村光子さん】

「絵型台帳が…お客様が買ったものを全部100色の色鉛筆でね」

顧客台帳に手書きのイラストを添えお客さんの好みや購入した商品を管理し接客に活用していました。

ではこのお客さんの好みは?

中村さん)「ピンクと白」

お客さん)「はい」

最後の日に勧めたのはピンクのワンピースに似合う黄色いバッグでした。

【お客さんは】

「とても感極まってうれしいです」

さらにこんなところにも小さな心遣いがありました。

【お子さん】

Q「なんの折り紙?」

 「ライオン?」

古町のNEXT21へ移転することが決まっている三越の象徴ライオン像の折り紙です!

【新潟三越 近藤佳子さん】

「感謝を込めてお客様にどんなことができるかとメンバーで話し合って準備した」

【お客さんは】

「温かい気持ちを感じて記念に手に取りました」

【新潟三越 近藤佳子さん】

「喜んでいただけているようで最高にうれしい」

笑顔をくれたおもてなしの心にお客さんも応えます。

また小さな女の子がスタッフに花束を…。

2歳の女の子)「私が選んだよ!」

店員) 「ありがとうございます」

【女の子のお母さん】

「近所に住んでいるのでいつも通るたびに挨拶をしてくれて仲良くしていただいた」

【店員は】

「お子様が小さいころからずっとご挨拶させていただいて、お話ができるぐらい成長されていて感極まって涙が止まらなくて」

三越が地域に根差して113年。

そこにはお客さんとの確かなきずながありました。

その後も客足は途絶えずショーケースから商品が消えても…にぎわい続ける店内。

それでもその時はやってきました。

【館内放送】

「ただいまをもちまして新潟三越最後の営業を終了させていただきました」

午後7時・・・

【従業員】

「みなさん笑顔で終わりましょう。笑顔で終わりましょう」

名残を惜しむお客さんが正面入り口を囲み、最後の時を見守ります。

【高橋店長最後の挨拶】

「本当にうれしかったのは最後の最後にこんなに多くの人が足を運んでくれたこと」

「本当に長い間ありがとうございました」

(聴衆)「ありがと~!!」

【飛田厚史アナウンサー】

「シャッターが下ろされました。新潟三越113年の歴史にピリオドです」

(店内従業員の拍手)

そして古町を照らし続けた三越の灯りもこれで見納めです。

【ネオンのスイッチを落とす担当の職員】

「5・4・3・2・1 消灯!」

古町を彩る灯りがまた一つ消えました。

【店員は】

「胸がいっぱい」

「感謝しかないお客様には」

閉店しても惜しむ声はやみません。

【お客さんは】

「ありがとうがいいたいから(きた)」

「生で見ると時代の切り替わりを身に染みて感じて切なかった」

「これからがさみしいですねこれからの新潟が寂しい」

その頃、店内では・・・

新潟三越最後の終礼が行われていました。

【新潟三越 高橋芳明店長 終礼】

「これだけの人に来てもらった温かい言葉をかけてもらったというのがこの地で110余年商売をしてきた証なんだなとつくづく感じています」

「ほんとうにお疲れ様でしたありがとうございました(拍手)」

地域に愛され113年古町のシンボルとして輝き続けた新潟三越は笑顔と涙でその幕を閉じました。

【店長と店員の会話】

店長)「ありがとね本当にありがとね。がんばろうなまたな」

街の大きなシンボルを失った古町地区・・・

その新たな時代が始まろうとしています。