岡山県内で「還付金が戻る」とうたい、ATMに行かせて金をだまし取る詐欺が急増しています。

被害に遭いそうになった女性と、詐欺グループとの電話のやり取りから、その巧妙な手口が見えてきました。

(音声データ)

「お振込みを押してください(お振込みですか?)次にキャッシュカードという所を押してください(キャッシュカード?これも?はい)暗証番号を…」

これは男が電話で、ATMの操作を指示する音声データです。

6月17日、岡山県北に住む60代後半の女性の自宅に、役場の職員を名乗る男から「介護保険料の還付金が3万1600円あるので、ATMに行ってください」と電話がありました。

(60代後半の女性)

「銀行の窓口でも、手続きはできるが、窓口だと、いろいろ手続き上、役場とやり取りしないといけないので、1時間半以上お待ちに…。キャッシュコーナーだと、素早く還付を受けることが出来ます。とりあえず窓口に行かずに、キャッシュコーナーにすぐ急げとすすめてくる」

女性は、ATMで詐欺だと気付き、警察に相談。

女性は、警察の捜査に協力するため、だまされたふり作戦で男に電話を掛け直しました。

すると、巧妙な手口が見えてきました。

(役場職員を名乗る男)

「残高は何ケタになっていますでしょうか?表示は」

(60代後半の女性)

「残高は50万円ほどです」

(役場職員を名乗る男)

「今、金額ってなっているのがお客様番号のところでして、499と入れてください」

(60代後半の女性)

「499ですか?499。はい」

(役場職員を名乗る男)

「158と打ってください」

(60代後半の女性)

「499158ですか」

(役場職員を名乗る男)

「そうです。円を押して確認です」

男が伝えたお客様番号は、実は金額。

男は、女性の残高が50万円ほどと聞いて、49万9158円を振り込ませようとしたとみられています。

今回、女性は被害にあわずに済みました。

(60代後半の女性)

「一番最初に役場に、こんなことをしてるんですか?と一本電話を入れるだけで、分かったと思うんですね。自分も注意深い方だと思いますし、歳はとっていますけど、まだ詐欺にはかからないぞと思っていたのは事実です」

岡山県では、2021年に入り、特殊詐欺の被害件数は46件。このうち還付金詐欺が13件と最も多くなっています。

(岡山県警生活安全企画課犯罪抑止対策室 山本直希課長補佐)

「2021年2月以降、還付金詐欺、特に介護保険料を名目とした還付金詐欺が非常に増えてきています。特に被害者が60代後半の女性が多いのが現状です。ATMでお金が返ってくることは絶対にありませんので、ATMに誘い出すような電話があった時には信用せず、必ず金融機関、もしくは身近な方、警察に相談してくれるようお願い致します」

記事 1201 岡山放送

岡山・香川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。