菅首相は21日、都内での新型コロナウイルスワクチンの職場接種の視察後に記者団の取材に応じ、東京オリンピック・パラリンピックについて、開催中に緊急事態宣言が出された場合は、無観客とすることも辞さない意向を示した。

菅首相は、政府分科会の尾身会長らが、東京大会は無観客開催が望ましいと提言したことについて、
「尾身会長はじめ、皆さんの提案はしっかり受け止めさせていただきたい。今日これから5者協議でそうしたことについて検討される。
政府として、まん延防止等重点措置の場合、緊急事態宣言の場合、通常の場合、観客の上限の方向性を決めていますのでそうしたことを中心にして検討されるのだと思う。
ただ緊急事態宣言が必要になった場合は、無観客というのも臨機応変に行うということは考えながら、国民の皆さんの安全安心を最優先にした大会にしたい」と述べた。

さらに、記者団から「無観客もあり得るか」と重ねて問われると、「緊急事態宣言のときはそうしたことは十分にありえる。安全安心を最優先にやるのは当然のことだと思う。安全安心のために無観客も辞さないということだ」と強調した