第四北越証券は、新発田支店に勤務していた30代の男性が現金900万円を着服していたと発表しました。

男性はおととし8月から7回にわたり、客から預かった現金を口座に入れることなく、自身の遊興費などに使用。客から取り引きの照会があったことで発覚しました。

男性はすでに解雇されていて、第四北越証券からの相談を受け警察が捜査しています。