景況感 2期ぶりに改善 宮城県内193企業が対象

仙台放送
仙台放送
地域

東北財務局が宮城県内の企業を対象に行った調査で、景況感を示す指標が2期ぶりに改善に転じたことが分かりました。

東北財務局は資本金1000万円以上の県内193の企業を対象に、3カ月ごとに「企業景気予測調査」を行っていて、今回は181の企業から回答を得ました。

その結果、4月から6月までの景気について、上昇とこたえた企業から下降とこたえた企業を差し引いた指数は「マイナス14.4ポイント」でした。

これは前回調査より「6.6ポイント」上昇していて、2期ぶりに改善に転じました。

東北財務局では「新型コロナのワクチン接種の進展により、特に運輸業や宿泊・飲食業などが景気回復への期待感を高めている」としています。

宮城県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>

仙台放送の他の記事

七ヶ宿町“64歳以下”集団接種始まる 接種対象者601人〈宮…

七ヶ宿町“64歳以下”集団接種始まる 接種対象者601人〈宮…

地域
主犯格の男「思い出せないものある」“ファスト映画”男女3人逮…

主犯格の男「思い出せないものある」“ファスト映画”男女3人逮…

地域
一番町商店街に「山鉾」展示 市民からのメッセージカードも 青…

一番町商店街に「山鉾」展示 市民からのメッセージカードも 青…

地域
無断短縮「ファスト映画」で初摘発 違法な動画をサイトに公開

無断短縮「ファスト映画」で初摘発 違法な動画をサイトに公開

国内
仙台市の「大規模接種」見えてきた課題と構想 接種開始から6月…

仙台市の「大規模接種」見えてきた課題と構想 接種開始から6月…

地域
仙台市長選挙 菊地崇良市議が立候補を断念

仙台市長選挙 菊地崇良市議が立候補を断念

地域
一覧ページへ
×