新潟市で高齢者を対象にしたスマートフォンの使い方を学ぶ講座が開かれました。

高齢者がスマートフォンを利用する際の注意点とは?

寺尾中央公園自治会が開いたスマートフォンの使い方を学ぶ講習会。システム開発などの経験を持つ木下直之さんが講師を務めました。

無料通信アプリ・LINEで県外に暮らす孫と連絡を取っているという参加者は…

【参加者】

Q.いつからスマホを利用

「去年の3月。もう、ついていけませんね」

新型コロナの感染拡大により、家族と顔を合わせる機会が減少したことで利用を始めた人が多いようです。

一方、スマートフォンが高齢者に広がることで、木下さんはある危険を指摘します。

【講師 木下直之さん】

「詐欺メール。メールが毎日のように送られてくるので、何も知らず返信してしまったという人もいる」

参加者の中には、宅配業者を装った詐欺とみられるメールが届いた人も。

【参加者】

「楽しいものには危険がついて回るのが、昔からの習わしですから…」

講師の木下さんは見知らぬ相手からの連絡が来ないよう、メールや電話の着信を拒否したり、自身のIDを他人が検索できないよう設定することなどを呼びかけました。