5月に福岡市早良区で少年が車にはねられ死亡した事故で、6月10日夜、警察は逮捕した男を現場に立ち会わせ実況見分を行いました。

また、男の運転は事故が起きる前から、男の自宅周辺で危険視されていたことが明らかになってきました。

10日午後9時過ぎ、福岡市早良区の城西橋近くは車線が規制され、物々しい雰囲気となりました。

過失運転致死の疑いが持たれている、会社員・山田穣容疑者(57)。

逮捕から17日ぶりに事故現場に姿を現し、実況見分に立ち会いました。

山田容疑者は5月2日、福岡市早良区城西で、友人と道路を自転車で横断していた中学3年の少年を制限速度を超える車ではね、死亡させた疑いがもたれています。

事故当時、山田容疑者が乗る高級外車は制限速度の約2倍にあたる、時速100キロ近いスピードが出ていたとみられています。

見分には、被害者の位置などを再現するため自転車も用意され、山田容疑者が事故直前どのような運転操作をしたのかなどを確認したとみられます。

また、これまでの取材で、山田容疑者は事故直前まで対向車線にはみ出しての追い抜き行為や、クラクションを鳴らしての幅寄せなど危険な運転を繰り返していたことがわかっています。

実は、山田容疑者の危険な運転は今回だけではなく、以前から目撃されていました。

山田容疑者の逮捕後、警察には自宅周辺の住民から「山田容疑者の運転から子供を守るため通学路を変えていた」「逮捕されて安心」といった声が複数寄せられたということです。

事故発生直後、警察に対し「制限速度くらいで走行していた」などと話していた山田容疑者でしたが、捜査関係者によりますとこれまでの調べで、100キロ近い速度を出していたことは、おおむね認める供述をしているということです。